わずかなすき間から家に入りこむコウモリ退治

  • 野生動物の縄張りの習性を利用した忌避剤ウルフピー

    • 野生動物から畑の作物を守る食害対策は、ワイヤーメッシュ柵や電気柵の設置が必要なケースもありメンテナンスの手間もかかります。
      ウルフピーは画期的な害獣忌避剤、危険な場所には近づかない動物の縄張りの習性を利用するので大がかりな設備を設置する必要はないのです。


      野生動物は自分の縄張りに臭いをつけてマーキングします。
      ウルフピーの原料はハイイロオオカミの尿、オオカミを天敵とする動物はオオカミの尿の臭いがする場所は危険と認識して避けるのです。



      ウルフピーの効果は動物によって個体差はみられるものの大型動物のクマやシカ、サル、そしてイノシシ。


      小型のイタチやきつね、アライグマ、ハクビシンや野犬などにも効果が期待できます。



      動物を傷つけることなく追い払い、1本で様々な動物に対応可能なコストパフォーマンスにも優れた害獣忌避剤です。
      ウルフピーの使い方はとても簡単、小分け容器に入れて動物の通り道や侵入を防ぎたい場所を囲んで吊すだけです。
      高さは30〜60cm、間隔は3〜6mごとに容器を吊します。
      小型の動物が対象の場合には、間隔を狭くするのです。軽いのでネットにも下げられるし、木の枝や細い園芸用の支柱でも代用できるのです。

      ウルフピーの効果は通常であれば、約1ヶ月持続します。



      メンテナンスも簡単、蒸発して容器の中身が減ってしまったら液を補充するだけです。

      故障や破損などの心配もほとんどなく、お年寄りが女性でも簡単に取り扱えるのです。

top