永代供養墓は残された方の最後の義務

###Site Name###

人口減少社会を向かえ、代々続いてきた家を自分を最後に閉じなければならなくなるケースが増えています。


そのような時は、永代供養墓を造ることが残された方の最後の義務です。

もし、永代供養墓を造らずに最後の方が亡くなった場合は、先祖は無縁仏になるか、遠い親戚に迷惑をかけることになってしまいます。

これは家単位のお墓ばかりでなく、個人或は夫婦だけのお墓の場合でも同じことが言えます。


永代供養墓の造り方はお寺によりまちまちですが、半地下の構造物に合同の納骨室を設け、上部に仏塔や石碑などを建立しているお墓が一般的です。


供養はお寺の僧侶が彼岸や盆に特別の供養を行い、寺ごとに違いはあるものの、お花・お水・ご飯などは毎日上げ、念仏も唱えます。

wikipediaの正しい情報を手に入れましょう。

このような供養をお寺が続く限り行ってくれます。

現在どこにもお墓を持っていない場合は、新たにお寺に依頼する必要があります。


大抵のお寺では檀家でなくても受け入れてくれますが、依頼者が入信することを求めるお寺も一部にあります。
また、運営はお寺でも、一般のビルの中に永代供養墓を造っているところも都会を中心に増えてきました。ビルの中に高級な仕上げ材による内装を施し、たくさんの花を飾った仏壇を設けているところもあります。

永代供養墓の価格はお寺により異なりますが、10万円から100万円の間の価格帯が多くなっています。



料金は一括払いが原則で、依頼者が生存している間は維持費等を納めなければならないお寺もあります。別の市区町村に骨を移す場合は、役所への届けが必要になる場合があるので注意が必要です。

こだわりの千葉の永代供養墓の初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。