わずかなすき間から家に入りこむコウモリ退治

  • わずかなすき間から家に入りこむコウモリ退治

    • わずかなすき間から家に入りこみ屋根裏や軒下、換気口などに住みつくコウモリは主にアブラコウモリという種類です。

      日本に生息しているコウモリは基本的に直接は人間に被害を及ぼすことはなく、蛾やゴキブリなどの害虫を補食してくれる益獣の面もある動物です。



      しかし大量に住みつかれると、糞尿による悪臭やコウモリの体に寄生しているダニやノミによる被害もあるのです。

      コウモリが家に出入りしているのを確認したら、早い段階でコウモリ退治しましょう。

      益獣でもあるコウモリは鳥獣保護法で保護されているため、許可無く捕獲したり殺すことはできないのです。
      コウモリ退治は巣から追い出して糞の掃除と消毒。
      そしてコウモリが戻ってきても、家に入り込めないように侵入口を塞ぎます。コウモリ退治はコウモリがエサを食べに巣から出ていく夕方頃から始めて、巣に戻ってくる頃までに出入り口を塞いでおくと成功率が上がります。コウモリを巣から追い出すには、専用の強烈なハッカの臭いがする忌避スプレーや害虫用のくん煙タイプの忌避剤も効果があります。

      住みついている場所によって、使い分けましょう。臭いや煙に驚いてコウモリが出て行ったのを確認してから、糞の掃除をして消毒します。
      掃除のときには乾燥した糞を吸い込まないように、必ずマスクと手袋をして行いましょう。



      巣の片付けと消毒が終わったら、パテや金網などで侵入口を塞ぐのです。



      コウモリの侵入口が確認できない、または家が古く侵入口がたくさんあり塞ぎきれないなど、コウモリ退治に自信がない場合には専門の業者への依頼を検討するのが無難でしょう。

  • いまどきの害獣駆除

    • 家のベランダや軒下に住み着く鳥のなかにコウモリがいます。雨や風をしのぐことができ暖かい場所に住み着いてしまうことが多く、被害も発生するため退治が必要なのです。...

  • 害獣駆除の知っておきたい情報

    • コウモリ退治は時期を選ばないと失敗してしまう可能性が高まり、追い出すことができずに終わってしまうことがありますからある程度生態を知っておくようにすると、きちんと対策を行うことが可能になります。繁殖して子育てを行う夏場は子供が上手に飛べるようになるまでは中々移動して行くことは難しく、一時的に飛び去ったとしてもすぐに戻ってくる可能性が高いので夏場は避けた方が無難で、冬の時期も冬眠に入って動きが鈍くなってしまうのでベストな時期は春か秋ごろといえます。...

  • 害獣駆除の知りたい情報

    • 野生動物による農作物への被害や住宅地への侵入は深刻ですが、鳥獣保護法の関係でむやみに駆除できない動物もいるのです。ウルフピーは、動物の本能を利用する害獣忌避剤です。...

  • 12から学ぶ害獣駆除

    • 野生動物から畑の作物を守る食害対策は、ワイヤーメッシュ柵や電気柵の設置が必要なケースもありメンテナンスの手間もかかります。ウルフピーは画期的な害獣忌避剤、危険な場所には近づかない動物の縄張りの習性を利用するので大がかりな設備を設置する必要はないのです。...

top